ペットの世話に疲れた人必見!犬との生活が楽しくなる簡単解決法!

ワンコ先生

ペットの世話に疲れて、もしかしたら育犬ノイローゼになりかけていませんか?
そんな方にぜひ見てほしい犬との生活が楽しくなる極意を大公開していくよ!

犬 飼い始め ストレス関連記事

犬を飼い始めたらストレスがたまって困っているという方はいらっしゃいませんか?この記事では犬を飼うことで起こるストレスの解消方法をご紹介しています。

犬の飼い始めにストレスを溜めない方法2選!育犬ノイローゼになる前に

ペットの世話に疲れる原因と解決法!

ペットの世話が大変だと思う原因として考えられるのが

  • お散歩に疲れる
  • お風呂に入れるのが疲れる
  • 家でいたずらされるのに疲れる
  • しつけをすること自体疲れる
  • 近所迷惑を気にするのが疲れる(吠えるなど)
ざっと考えてみてもペットの世話に疲れた原因はたくさんあります。

ペットの世話につかれた

体力的につかれたと感じるのは日ごろのお散歩やケアで、精神的につかれたと感じるのは問題行動が原因だと思われます。

まず、ペットの世話でつかれた場合は、あなたが少しでもストレスだと感じることを無くしていくことが大切です!

それには、気軽に手を抜いていきましょう!
※解決法はこれだけじゃなくて、あとで他の方法もちゃんと解説していくのでご安心ください(;^ω^)

例えば、犬の美容院などでシャンプーやトリミング、ブラッシングなどをしてもらうことで大変な思いをしながら犬のケアをするストレスが軽減されます。

また、たまにはペットホテルに預けて自分の自由にできる時間を確保してリフレッシュすることも大切です!

ストレスを感じてしまう人は、責任感が強くて頑張りすぎてしまう人が多いです(´・ω・`)

きっと、あなたも毎日毎日犬の世話を一生懸命頑張っているんでしょう。。。

でも、抜けるところはちゃんと手を抜いて、ストレスをためないようにしないとあなたと犬の関係が悪化していく一方ですから、まずは手を抜いて大丈夫ということをお伝えしておきます。

お金を出して任せられるものは、できるだけ任せてしまうようにして、犬との生活に疲れない工夫をしていきましょう。

そして愛犬に対して少しでも余裕ができてきたら、お世話に疲れないための根本的な解決策を試していきましょう!

ペットの世話に疲れやすい人の特徴と対処法は?

ペットの世話

あなたの手元にペットが来た理由は色々なパターンがあったと思います。

あなたが欲しいと思ったかもしれないし、家族が飼いたいと言ったのかもしれません。

また、どうしてもやむを得ない事情で飼うことになった場合もあるでしょう。

どのような理由であれ、あなたが世話をしなきゃならない状態になったけどそのお世話が大変だと感じ、疲れてしまわれているんでしょう。

こういった、ペットの世話に疲れてしまいやすい人には3つの特徴があります。

  • 家族の協力が無く一人で頑張ってしまう
  • ちゃんと育てなくてはと責任を感じる
  • 犬のコントロールする方法を知らない

この3つのうち、1つでも当てはまるとペットの世話に疲れてしまいやすくなります。

それぞれの対処法をご紹介していきましょう。

家族の協力が無く一人で頑張ってしまう

あなた以外に家族がいるのに、ペットの世話をほとんどあなたがしているとしたら、それはあなたの気持ちと体力が非常にバランスを崩しやすくなっています。

中には、頼めば協力的にやってくれる場合もあるかもしれませんが、それでもほとんどの世話の責任が1人にある状態はよろしくありません

これは、奥さんやお母さんに当てはまりやすいですが、もし今がこのような状態だったらすぐに家族会議を開いてください。

家族会議を開いたら、「もっと協力してほしい」と訴えるのではなく、具体的に役割分担を決めたほうが良いです。

例えば、朝のお散歩は〇〇がやって、その間に犬の食事の用意と掃除は〇〇がやる。

夜のお散歩は〇〇がやる。もしもどうしても時間がつかない場合は、自分で他に変わってもらえるように交渉する必要がある。

このように、具体的に役割をきっちり分担して、誰か一人に負担が大きくかからないようにし、もしもできない場合のことも決めておきます。

ペットの世話に疲れたと感じていたら、一人で頑張ってしまってはダメです!

早めにまわりの家族にSOS信号を出して、みんなで負担を分かち合うようにしてください。

このまま家族の一人が頑張っていても精神的に辛くなっていくだけで良いことはありません。

ちゃんと育てなくてはと責任を感じる

犬はしつけをする必要があるため、しっかりとしつけをしないといけないと思うのは当然ですが、その気持ちが強すぎるとペットの世話に疲れやすくなります。

特に子犬を飼った場合に多いんじゃないでしょうか?

子犬の世話に疲れて、子犬に対してイライラしてしまうようならこちらの記事も参考にしてください。

子犬にイライラする子犬にイライラする生活から抜け出す超簡単な2つの方法

犬にはきちんとしつけをしないと、今後無駄吠えでご近所に迷惑をかけるとか、噛みつくなどの攻撃的な犬になってしまうとか、逆に不安や恐怖を感じやすくてパニックを起こしやすい犬になるなどの問題行動がでてしまいます。

また、かわいいから良い子に育てて、一緒に色々と楽しみたいという気持ちもあるでしょう。

初めて犬を飼った人に多いかもしれませんが、ネットや本をいろいろ調べて「こうしなきゃいけない」「こうでなきゃいけない」など、飼い主はこうするべきとか犬はこうなるべきといった概念が生まれてしまいます

でも、実際は子犬の性格にもよりますし、調べた方法が正しいとも言い切れません。

褒めるタイミングや叱るタイミング、犬にしてほしいことを伝える方法、犬の習性、などなどを知らずに、断片的な知識だけでしつけをしようとしてもうまくいかない場合が多いです。

人一倍、まじめで責任感が強い人は、うまくいかないことがまたストレスになってしまうので、ペットの世話に疲れてしまうんですね。

あなたの使える時間やお金にもよりますが、一人で頑張って疲れてしまうよりも、プロに頼んだ方が良いでしょう。

時間にもお金にも余裕があるのなら、犬と一緒に訓練士の元で訓練を受けるのも良いと思います。

訓練士の技量や犬との相性、犬の性格と訓練方法の相性もありますから、一か所ではなく何か所か見学に行って決めると良いのではないでしょうか。

注意
~出張訓練士の落とし穴~

もちろんすべての出張訓練士に当てはまるわけではありませんが、訓練で来ている間に目に見える成果を出す必要があるため、体罰を使ったしつけ方法をしていったり、訓練士じゃなきゃできないようなテクニックを使って訓練をしていく訓練士がいます。

体罰を使ったしつけは、いずれ違った形の問題行動になって現れますし、訓練士が帰ってしまった後はすぐに元に戻ってしまうという問題がしょっちゅう起きています。

出張訓練を頼めば簡単にお利口さんな犬になるとは考えないほうが良いということは覚えておいてください。

時間的にも精神的にもあまり余裕がない場合は、この後に解説している「ペットの世話が疲れなくなる伝え方の極意」を参考にしてください。

犬のコントロールする方法を知らない

もうすでに、少し問題行動が出てしまっている犬や、問題行動までは行かなくても飼い主さんが犬に振り回されているような状態だと、やはり世話に疲れてしまいます。

これは、犬と飼い主の間に正しく主従関係ができていないことが原因で起こっています。

家の中で犬が飼い主をリーダーだと認識できていない状態なんですね。

誰に従えばいいのかわからず、自分がリーダーにならなければいけないと思っているから飼い主さんの言動に従おうという気になっていません。

もし、犬がこの家族の中で自分がリーダーにならなきゃと思っていたら、飼い主さんの言うことを聞くわけがありませんし、むしろ犬が飼い主さんに自分の言うことを聞け!と思っている状態です。

犬の世界では、リーダーの存在が不可欠です。しかも、人間のように忖度とか年功序列とか、お父さんだからなどという概念はありません。

犬をコントロールするどころか、犬も私達をコントロールしなきゃと思っていたら、上手く主従関係を築くことができませんよね。

犬にとっては、自分がリーダーにならなきゃいけないと思う状況はとてもストレスがかかるので余計攻撃的な行動をとることも考えられます。

こうなると、犬と正しく主従関係を築くための考え方や具体的な方法、またすでに問題行動がある場合はその対処法を知ることが急務です。

時間がたてばたつほど、それが原因で飼い主さんが疲れてしまうことになり、ストレスがたまってノイローゼ状態になる危険があります!

育犬ノイローゼとは?症状と克服法

育児ノイローゼと同じで、犬を育てることがつらくなってしまう心の病気を育犬ノイローゼといいます。

ペットの世話に疲れたと感じている人は、この育犬ノイローゼになっている可能性があります。

育犬ノイローゼの症状としては、精神的に辛いと感じるほかに、過度のストレスがかかっていることから自律神経が乱れるので、体調不良となっても現れます

体調不良は人によって出方が変わりますが、

  • 頭痛やめまい
  • 呼吸困難や動悸
  • 手足のしびれ感や発汗

上記は一例で、他にも様々な形で体調に現れてきます。
その他にも心の病ですから精神的にも症状が出てきます。

  • 神経衰弱
  • ヒステリー
  • 妄想反応
このように、実際に症状となって現れますが、あなたや家族でこのような症状が見受けられませんか?

もしも、思い当たることがあったら、放っておいたらどんどん悪化してしまいます!

育犬ノイローゼの克服方法としては、心と体にかかっているストレスの原因を取り除くことです。

精神面では頑張り過ぎないとか、犬ができないことに注目しない、長い目で見るなど、考え方や見方を変えるようにしていきましょう。

このあとで、ノイローゼになりかけるほど大変な思いをした先輩飼い主さん達の体験談をご紹介していますがとても参考になります。

肉体面では、お金を使って頼めるものは頼んでしまい、体力的にも時間的にも余裕を作ることです。

育犬ノイローゼには、1人でのんびりできる時間が必要です。プロに任せられることは任せて精神的にも肉体的にも世話で疲れないように、余裕を持てるようにしてください。

ペットの世話が疲れなくなる犬への伝え方の極意

外国では、犬を飼う前に講習を受けないと犬が飼えないという国もありますが、日本にはそういった制度はありません

誰でも、何の知識もなく犬が飼えてしまいます。

ですから、犬への伝え方を知らない状態で、本やネットで見聞きした内容のみの自己流で犬のしつけをしている方がほとんどです。

車だって、教習所に行って何をどうすればちゃんと動くのか何度も何度も練習して運転ができるようになるのに、感情があり、常に一緒に生活する犬に対して何も知らないで飼い始めたら、うまくいかなくても当然です。

最近は、犬は室内で飼うことが推奨されるため、特に人間との距離が近くなり、犬の特性や習性、本能などを考えずに人間の物差しで犬を見てしまいがちです。

無意識に、犬を擬人化して考えてしまうんですね。

主従関係を築くというと、「犬を従わせる」と思うかもしれませんがそうではありません。

私たち人間は、「してはいけないことを教える」「叱ってでもやめさせて正しくさせる」こうしてしつけをすると考えがちです。

「ダメなことをさせなくすることがしつけ」だと思う風潮があるということです。

ここからは極意の部分になっていきますが、犬に対してはしてはいけないことを教えようとしてもなかなか伝わりません

してほしいことをした時に褒めることで、犬が「飼い主さんが褒めてくれてうれしい!またこうすれば褒めてもらえるんだ!」と学習できるようにすると、犬にこちらのしてほしいことがよく伝わります

私たちは犬との主従関係を築くことは、決してむずかしいことではありません。

犬に対して明確なルールを作り、実行出来たらしっかり褒めてその行動を定着させ、犬が飼い主に守られていると安心していられる状況にしてあげればいいんです。

そうやって主従関係が築けている犬に対しては、新しく教えることにしても、しつけ直しにしても、すーっと犬に入っていきます。

ペットの世話に疲れたと感じることが嘘のようになくなり、良いスパイラルで回っていくので全てが好転していきます。

その方法を知るのには、今までに何万頭もの家庭犬の訓練をしてきた中で非常に有効なしつけ方法だけをまとめたしつけ術であるイヌバーシティをご覧いただきたいんです。

文字だけだとテクニカルな部分は解説しきれないですが、イヌバーシティだとしほ先生が実際に問題のある犬に対して方法を解説しながら映像でやり方を見せています。

この映像もDVDなどではなく、見ながら実践もできるようにとスマホで視聴ができるよう、専用サイトにアップされているので何度でも見直せますし、必要なところを繰り返し見れるように考えられています。

実際に、しほ先生は今まで数え切れないほどの飼い主さん達に相談されてきたことを全て解消して、世話に疲れている飼い主さんを一人でも多く救いたい!という信念の元にこのしつけ方法をまとめたと聞きました。

伝え方を変えれば、犬は間違いなく変わります!

それをできるだけ短期間で、誰でもできる方法をお伝えしたくてイヌバーシティを作りました
飼い主さんが世話に疲れたと感じていては、飼い主さんはもちろんですが犬も不幸ですよね。
そんな飼い主さんも犬もなくしたいと強く願っています。~しほ先生談

イヌバーシティ いぬ大学今までしつけ教室でも、他のしつけ教材でもうまくできなかったという多くの飼主さんが大絶賛していて非常に評判が高いしつけ方法です。

しかも、1つ1つの解説が丁寧なのでコンテンツのボリュームがスゴイ大量なんですが多くの悩める飼い主さんが手にしやすいようにと金額をおさえて、しかも分割にも対応しているので最大分割で購入すると1日に30円以下という金額を実現されています。

誰でもマネをすればトレーニングが簡単にでき、トレーニングができるころには主従関係も築けているように作られているので、しつけ方法がよくわからない方も、しつけに自信がない方も安心して実践してください!

少しでも早く世話に疲れたと感じることがなくなるには…と考えたとき、イヌバーシティをおすすめするのが一番の近道だと思いました。

ここまでおすすめするからには、私も特別な特典をご用意させてもらいました。

私のおすすめを信じてイヌバーシティを購入していただいた方には、イヌバーシティをより効率よくできるようにしほ先生にお願いして音声対談をとらせてもらいました。

音声対談では、教材には書かれていない

  • 効率よく訓練するために気を配ると良いこと
  • 犬の性格によって褒め方を変えると良い理由
  • 犬が楽しくなる訓練方法とは
  • 体罰以外に絶対にしちゃいけないこと
  • しつけでうまくいかないときにすると良いこと
などなど
愛犬家のみなさまにとって、効率的にしつけができるようになる「虎の巻」といった内容になっています!

犬のしつけには「イヌバーシティ~いぬ大学~」

犬の飼い始めのストレスにイヌバーシティ
発売から7か月で教材ランキング6冠を達成したイヌバーシティ!今までのしつけ方法で満足できなかった飼い主さんから大絶賛されています。今まで困っていたワンコの問題行動が短時間でお利口さんに!分割なら1日30円以下!

公式サイトを見る

実践したらうちの子こんなに変わりました!

ペットのやんちゃな行動に振り回されて疲れ切っている人に向けて、先輩飼い主さん達のイヌバーシティ実践体験談をご紹介します。

なかなかのやんちゃさんぞろいで、様々な破壊活動があったようですが、今では愛犬もすっかり落ち着いて、思い出すと笑い話になっているお話ばかりです。

特に子犬の時期に「しっかり育てなくてはいけない」という責任感が強い方は、ペットの世話をするうちにノイローゼ寸前まで追い込まれることが少なくありません。

でも、先輩飼い主さん達が育てたパワフルなワンコさん達がビックリするくらい良い子になっています。

ペットの世話に疲れた飼い主4うちの子はやんちゃで家の中を走り回っては人に激突して、家族みんな青あざだらけでした。
大暴れした時、前足が私の目にあたって眼球出血で目が真っ赤にもなりました(笑)
当の本人も暴れすぎて部屋でひっくり返ってしまい、生後三か月で足を骨折したり(泣)
大ジャンプでシャンデリアを割り、壁を噛んで壁紙を引っぺがし、障子を破るなんて日常茶飯事で新築の家がボロボロでした。
限界だ!と思い始めたころ、イヌバーシティを知り実践してみることにしました。
訓練の仕方が本当にわかりやすくて、うちみたいに落ち着きない子ができるか心配でしたが、問題なくできたのが最初の驚きでした。
トレーニングの時間がとても楽しそうで、今までの大暴れが嘘みたいに落ち着いたのにも驚きましたし、ちゃんと指示も聞ける子だったとは…イヌバーシティをやってみて本当に良かったです。

ペットの世話に疲れた飼主2うちは1歳8か月になりますが、1歳くらいまでは手が付けられないほどの暴れようでした。
購入したてのマンションのクロスやフロアマット、カーテンはびりびり状態。空気清浄機を倒して壊し、リモコン類も全滅、ブランドのカバンやブーツもボロボロに噛まれました(泣)
そんな子でしたが、イヌバーシティを始めてみたらいたずらがどんどんなくなっていき、あんなに暴れていたのが嘘みたいに私の顔を見上げるようになりました。最近、一番思うのが犬の褒め方が変わったかも。イヌバーシティを見ているうちに、きっとしほ先生の褒め方が身についたのかもしれません。伝え方って本当に大切だな~と思いましたし、犬って変わるんだなと実感。今はビックリするくらいお利口さんです。

ペットの世話に疲れた飼主1家族みんながノイローゼになりました。
前に2匹犬を飼っていましたが、比較的順調に育ったのに、3匹目がものすごくやんちゃで病気がちの子。家に来た1週間目には電気カーペットの破壊から始まり、炬燵のコードは5回噛みちぎり、テレビやヒーターのコードも何回噛みちぎられたのかわかりません。直しては噛みの繰り返しですがもう好きなだけ噛めばいいと開き直りました(笑)
散歩で出会った犬友から勧められてイヌバーシティを購入してみたんですが、前にも飼っていたのに犬の学習方法とか、犬の成長とか、ダメの伝え方とか、色々なところで何もわかっていなかったんだと反省しました。
イヌバーシティのやり方で基礎のトレーニングから始めたら、しつけ直しだから時間がかかるのは覚悟していたけど、思ったより全然早くトレーニングができるようになってくれて。
1つの購入で家族みんなが見れたので、コスパも良い(笑)それに家族みんなでしつけに参加できたのが良かったです!

ペットの世話に疲れた飼い主5私も犬を飼い始めたときは毎日泣いていました。
本棚の本は何十冊と噛みちぎられ、ティッシュは全部引っ張り出され、くずかごからガムを見つけ出して毛にべったりとくっつけて…トイレも全然覚えなくて犬としてどこかおかしいのかと思いました
ほとんどノイローゼ状態になったときに、イヌバーシティを知り…もっと早く知っていればこんなにつらい思いをしなかったのにと少しムカつきました(笑)
イヌバーシティのやり方でトイレトレーニングをしたら、あんなに覚えなかったのが嘘みたいにちゃんとできるようになったし、私の指示で待てるし来るし本当にびっくり!
犬としてどこかおかしかったんじゃなくて、私が飼い主としてどこかおかしかったんですね。。。
これからも主従関係がこのままでいられるようにリーダーとしてちゃんと接します!

ペットの世話に疲れた飼い主3うちの犬もひどかったです。ある日は、アンチョビを作ろうと大量のイワシを開いて、イワシの頭と内臓をゴミ箱に入れておいたところ、ほんの20分くらい買い物に出たすきに…
ゴミ箱にあるはずの頭と内臓が2回のベットルームまで運ばれて、壁中血だらけ出しベットはマットまで血がいっぱい。
キッチンからベットルームまでの老化にも血が点々と…生臭さとおびただしい血の量に殺人事件の現場みたいでした(笑)

このままじゃヤバイと思い、友達に相談したら教えてくれたのがイヌバーシティです。
お利口さんな犬にするなんて無理だと思っていたのに、映像と同じようにするだけでどんどんできるようになっていって、実はお利口さんだったんじゃない!と初めて気づきました(笑)
コツが必要なところやちょっと難しそうな部分は、これでもかと解説してくれるし、うまくいかなかったときはこうすればいいとかとにかくしつけをしている飼い主目線で教えてくれるのが良いです!

 

疲れたというストレスをなくすには…コレ!

ペットに疲れた

あなたの愛犬は、今どういう状況でしょうか?

  • 何度教えてもできないからこの子はできない犬
  • もともとがあまりお利口ではなかった犬
  • すでに成犬だからもうどうしようもない犬
もう無駄だから見ないようにするしかない…と考えられている飼い主さんもいらっしゃるでしょう。

しかし、犬という動物をもう少し知って、犬への伝え方を少し変えていくと、犬はみるみる変わっていきます。

犬をほめるタイミングや犬の成長とそれに伴う犬の学習方法などを知るとその変化はさらに加速していくんですね。

すでにペットの世話に疲れたと思っている方なら、少しでも効率よく犬に伝えられるようになると、今の苦痛が嘘のようになくなっていきます!

冒頭のようにペットの世話に疲れた場合っていろいろなケースが考えられますので、ここではあなたの場合の対処法をドンピシャで解決することが困難です。

でも、あなたの困っている犬の問題行動をドンピシャで解決するにはイヌバーシティがお役に立ちます

そのしつけ術では、しほ先生にご自分の愛犬を直接相談できるシステムを使うことができますので、なおさら問題解決までの時間が大幅に短縮できます。

私個人的には、このほかにはない相談できるシステムが本当に評判良いですし、最大のおすすめポイントです。

ペットの世話が疲れたって思っているのに、めんどくさいことはしたくないわよ!と思われるのは当然だと思います。

でも、いやだと思っても続くペットとの生活がさらに苦痛なものになるか、苦痛が嘘のようになくなり楽しいものになるかは、あなた次第です!

犬に正しく伝えられたら犬の行動はガラッと変わってきます。

ペットの世話に疲れた場合は、今の状態で妥協するのではなく、ストレスをためないように抜けるところは手を抜きながら、犬との関係を見直してみると良いのではないでしょうか。

ペットの世話に疲れない根本的な解決策とは?

世話に疲れたら

あなたがペットの世話に疲れたと思う原因、それはすべてあなたと犬との間に「主従関係」が十分でないから起こると考えられます。

要は、犬があなたをリーダーとして認識できていない可能性が高いということです。

主従関係を構築すると考えると、とても難しいことだと思ってしまうかもしれませんが、犬とトレーニングをしていくことで自然と主従関係は築けていきます。

後ほど主従関係の作り方については詳しく解説しますが、主従関係ができていると犬はどう変わるのかというのをまずは見ていきましょう。

犬は飼い主であるリーダーの言うことを従順に守ろうとし、さらにはリーダーが何を望んでいるのか考えて行動するようになります。

 

お散歩でリードを引っ張って歩いて飼い主さんに疲れさせることもなく、犬は時々飼い主さんの顔を見上げながら横を寄り添って歩くようになります。

 

お風呂にしても、毛や爪・歯磨きなどのケアにしても、暴れることなく、安心して飼い主さんに身を任せるのでケア的なお世話の手間も疲れることがありません。

 

もちろんいたずらされた後かたずけに追われることもありませんし、無駄に吠えたり、誰かに飛びついたりすることもないので近所迷惑を気にすることもありません。

ぷりこ

確かにそれは理想だと思うけど、私は訓練士じゃないし…
それはしつけ教室に行かせて訓練士に指導してもらわないとできないわよ

ワンコ先生

訓練士じゃなくても、多くの愛犬家さんが自宅でできている方法もあるよ!
世話に疲れた人は、いぬへの伝え方を知らないだけなんだ!

世話が疲れたと感じたら…犬の幸せって何だろう?

犬のノイローゼ

育犬ノイローゼについてご紹介しましたが、犬もノイローゼになります

犬もストレスを感じる動物なので、正しい主従関係が築けていない状況や、飼い主からの愛情が不足している状態では大きなストレスを感じて心の病気になっていきます。

犬は心の病気になると、問題行動が悪化し、人間と犬との関係がどんどん崩れていきます。

犬は本来、非常に愛情深い動物で、人間の気持ちを察したり、飼い主が喜ぶことをしたいと強く思っています。

でも、飼い主が育犬ノイローゼになってしまってどうやってもノイローゼを克服できない状態や、家族の協力がどうしても得られない場合、また家族から犬が殴る蹴るなどの虐待を受ける可能性がある場合には、犬の幸せのために犬を手放す選択肢も考えざるを得ないかもしれません。

その場合は、必ず新しい里親を探すことが動物愛護法で定められています

安易に保健所に連れていっても保健所では引き取りはしませんので、どうしても犬を手放さなければいけない状態になったら誠心誠意、犬好きでちゃんと犬を愛してくれる里親さんを探しましょう。

ただ、その前にもう一度だけ、ちゃんと犬のことを理解してみませんか?

犬という動物を知って、犬と正しく主従関係を築くことができ、問題行動がなくなり、あなたの精神的な負担がなくなったとしたら…

犬はあなたに寄り添って一番の味方になってくれる本当に賢い愛情深い動物です。

正しくしつけをすることができれば、今まで感じていた世話の疲れも嘘のように吹っ飛んで手放さなくて良かったと本心から思うんじゃないでしょうか?

ぜひ、もう一度だけ、犬に向き合ってみてもらえると嬉しいです。

ペットの世話に疲れていた先輩たちからのアドバイス

今でこそ犬と楽しい愛犬ライフを送っている先輩飼い主さん達ですが、過去にはペットの世話に疲れ果てていた人達は少なくないんですね!

むしろ多いというか、あるあるというか…

程度はあるかもしれませんが、多くの先輩飼い主さんも感じたお世話疲れについてアドバイスをしてくれているものを集めてきました。

参考になるものがあるか、または気持ちが楽になるかもしれないので、目を通してみてください。

~子犬編~

  • 私も途方にくれてましたし、泣いたときもありました。でも、犬が成長するごとに、手がかからなくなりましたし、生活のペースもつかめてきます。
    大丈夫、つらい時期はそんなに長くはないですよ。
  • しつけの方法がわからずに必要以上に厳しくしたりもして、私も完全にノイローゼになっていたと思います。1日に数時間で良いので、ペットシッターやペットホテルに預けるなどして、少し犬と離れる時間を作るのが良いかもしれません。休憩は必要です。
  • 犬とは向き合う時間も大事だけど、向き合わない時間も大事です。ノイローゼになって犬から心が完全に離れてしまわないように、向き合わない時間を作ることも必要だと思います。私も色々な人に相談して、少し犬と向き合わなくて良い時間を作りました。
  • 犬は、半年…一年…と月日が経つとともに、段々人間が言っていることに耳を傾けて、理解しようとしてくれます。しつけには飼い主さんの心の余裕も必要なので、できるだけ気持ちを楽に持って見守るようにできればいいですね。
  • みんなが通る道。必ずぶつかる壁だと思います。飼える自身もあったし、責任を持って飼い始めたのに、生き物を世話するのってこんなに難しいのかと悩む日々。私はトイレのしつけに悩みましたが、ある日「もうどこでも好きにおしっこをすればいいわ」と思ったら気持ちが楽になり、成功した時にとても喜べるようになりました。そこから犬も学んだようでした。

~ノイローゼ気味編~

  • 思いつく方法
    1.ペットシッターで散歩を代行してもらう
    2.家事代行を頼む
    3.食洗器・ルンバ・ドラム式洗濯機など便利家電を買う
    4.病院に行き、神経内科等に相談する
    5.家族がもっと積極的に犬の世話をする。
    とにかく家事と犬の世話の負担軽減をはかりましょう。お金使って下さい。
    ペットホテルに一度預けてみたらどうですか?犬がいない時、イライラの対象が他に移るのであれば、犬は関係ないです。
  • うちは夫婦で共働きで犬を飼っていたため、どちらかの負担が大きくならないように家事も犬の世話も半分ずつ担当するように決めました。
    家事も犬の世話も半分でも大変だと感じることがあるので、どちらかに負担が多かったら絶対に無理だったねとお互いに言っていますよ。
  • 1人で悩むのが一番良くない気がします。犬友達や病院の獣医さんに相談したり、しつけ教室に通ったり訓練士に見てもらうなど、誰かにアドバイスをもらったほうが良いと思います。
    今のままではあまりよい方に進展しないと思ったので、手あたり次第に相談できるところで相談したら、気持ちも楽になったし、適切なアドバイスももらえました。

ペットの世話に疲れたら…

世話に疲れた

アドバイスにもありましたが、1人で悩んだりがんばったりすることでどんどん疲れが加速して気持ちに余裕がなくなってしまうんですよね。

本格的な育犬ノイローゼにならないためにも、周りの人に相談したり、1人で自由な時間を持つことが重要です。

責任感が強く、まじめで館張りやさんがな人は特に一生懸命ペットの世話をするので追い込まれやすくなってしまいます。

できるだけ周りの人の手を借りて、一人で頑張らなくても良い状況を作れるようにできるといいですね。

しつけについてのお悩みは、しつけ教室で高額の費用を使う前に、こちらのしつけ教材をご検討いただくことも考えてみてください。

当サイト限定特典をプレゼント!

犬を飼い始めてストレス
しほ先生との音声対談の限定特典をプレゼントします!教材には書かれていない効率よく訓練するために気を配ると良いことやしつけでうまくいかないときにすると良いことなどなど愛犬家のみなさまにとって、効率的にしつけができるようになる「虎の巻」といった内容です!

公式サイトを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です