犬の留守番が24時間以上のときは?犬はどれくらい留守番ができるの?

ワンコ先生

人間にはいろいろな事情で、どうしても犬を長時間お留守番させる機会が出てくると思います。
犬の留守番と言っても数時間程度から24時間以上留守番していてほしいことも出てくるでしょう。
そんな時、犬をどうやってお留守番させるのが良いのかご紹介していきます。

犬 飼い始め ストレス関連記事

犬を飼い始めたらストレスがたまって困っているという方はいらっしゃいませんか?この記事では犬を飼うことで起こるストレスの解消方法をご紹介しています。

犬の飼い始めにストレスを溜めない方法2選!育犬ノイローゼになる前に

犬はどれくらいの時間留守番できるの?

犬の留守番

犬はどれくらいの時間、留守番できるのかというと、その答えは「犬によって留守番できる時間は変わる」になります。

その犬が子犬の頃から現在までどんな環境で育てられたか?で大きく変わってくるんですね。

家族が昼間に家にいることが少ない共働き世帯だったら、早ければ子犬の頃から長時間の留守番をしているでしょう。

そういう犬は長い時間お留守番をすることになれているので特に問題を起こさずにお留守番ができますが、飼い主さんといつもべったり一緒にいる場合は短時間のお留守番でもできずに問題を起こしやすいです。

普段お留守番が慣れている犬だったとしても、通常は8時間くらいまでにしておいた方が犬も不安を抱きにくいようです。(時間は個体差があります)

しかしいくらお留守番ができる犬だったとしても、まる1日の24時間以上一匹でお留守番をさせても平気か?というと、それはお勧めできません。

理由としては、のちほど詳しくご紹介していきますが、犬は元々群棲本能と言って群れで生活する本能を持っているので、一人になる時間が長いというのは不安を感じるものです。

犬種や性格によってもお留守番ができる時間は変わってきますが、24時間以上というと一般的に言われるお留守番というものより色々と過酷な環境になり、犬のストレスもけた違いになるということは覚えておいてもらいたいと思います。

犬は留守番している間何をしている?

犬 ストレス

お留守番になれている犬は、飼い主さんが外出してもクレートやケージの中で寝たり、おもちゃで遊んだりと落ち着いていることが多いです。

ただ、飼い主さんが外出することに不安や恐怖を感じる犬は、飼い主さんが外出したことを理解してからコルチゾールと言ったストレスホルモンが分泌され始めます。

たいていの犬は30分ほどでストレスホルモンの濃度が最も高い状態になるので、犬はお留守番開始から30分ほどで強いストレスを感じるということです。

留守番中の犬は、まずストレスがMAXになるまではウロウロしたり窓から外を見たりと飼い主さんを探して歩き回ります。

その後ストレスが強くなってくると、吠えて抗議したり、破壊行動をしたりが始まります。

もしもお留守番がなれていない犬にお留守番をさせた後、帰ってきたらゴミ箱が部屋中にまき散らされ、ぐちゃぐちゃになっているとき、私たちはいたずらしたと思いがちですが、犬としたら抗議の破壊行動をした可能性も高いです。

  • 家具を噛む
  • 部屋中を散らかす
  • クッションを食いちぎる
  • ティッシュやトイレシートを噛みちぎる
これらの行動があった場合、たとえお留守番が短い時間であっても犬は強いストレスを感じているかもしれません。

お留守番は練習をすることで犬に慣れさせることができるので、徐々にトレーニングをしてお留守番ストレスから解放させてあげましょう。

犬の留守番トレーニングの方法

24時間の留守番

犬の留守番トレーニングのポイントは

  • 短時間のお留守番からゆっくり慣れさせる
  • 普段の接し方を見直す
  • お留守番の環境を整える
この3つになります。

短時間のお留守番から慣れさせる

これは、犬に対して「飼い主は外出しても必ず戻ってくる」ということを伝えて、不安や恐怖を感じにくくする練習です。

はじめは5分くらいですぐ帰ってくるところから始めましょう。

様子を見ながら大丈夫そうなら10分とか15分とかに伸ばしてみて、30分まで伸ばせるようになったらだいぶストレスを感じることが減ってきていると判断できます。

昨日は大丈夫だったけど今日はダメだった場合は、大丈夫だった時間でしばらく練習してゆっくりと時間を伸ばすようにしてください。

普段の接し方を見直す

いつも一緒にいる時はべったりくっついている犬の場合は、当然飼い主さんがいないことに強い不安感を覚えてしまいます。

普段一緒に家にいる時でも、1人で遊ぶ時間を作ったり、お互いの空間で離れて過ごす時間を作るようにしましょう。

お留守番の環境を整える

お留守番中の環境で一番大切なのは空調です。

犬は暑さに弱いので温度と湿度は快適な状態が保てるようにしてください。

また、部屋中をお留守番スペースとして開放するのは避け、安心して過ごせるクレートやケージに入れておくようにしてください。

狭いとかわいそうと思うかもしれませんが、その方が守るべき縄張りが狭いので犬が安心してくつろぐことができます。

そして、お留守番の時だけ遊べるおもちゃも用意すると良いでしょう。

おやつを入れておけるコングや知育玩具を使うと、犬が夢中になりやすく飼い主さんの不在を短く感じることができます。

お留守番の時は電気や音楽はどうする?

電気は特につけっぱなしにしておく必要はありません

「暗い中でいたら怖いのでは?」と思うかもしれませんが、犬は普通暗いところを怖がる動物ではありませんので心配しないで大丈夫です。

むしろ、体内時計がくるってしまうおそれがあるので電気をつけっぱなしにしなくても平気です。

ただ、今までお留守番中はいつも電気がついていた場合は、それで慣れていると思うので、環境を変えないほうが良いでしょう。

また、音楽やラジオをつけっぱなしの方がさみしくないんじゃないか?と思うかもしれませんが、それは普段の環境に合わせてください。

いつも飼い主さんと家に一緒にいる時にテレビがついている場合は、急に音がしなくなると不安を感じてしまうかもしれません。

ここら辺は、犬がストレスを感じないように普段の環境を考えたうえで判断してもらえると良いと思います。

犬は一人で24時間もお留守番ができるのか?

犬 お留守番

正直、犬を一人で24時間もお留守番ができるのか?と言われれば、犬に相当のストレスがかかり、色々な問題も出るので、24時間もお留守番をさせないであげてほしいというのが私の答えとなります。

24時間など長時間留守にする必要があるときは、一人で留守番をさせるよりもペットホテルに預けてもらったほうが良いと思います。

家族などに預けられるなら、家族に頼んで犬を見ていてもらうので構いませんが、犬だけでお留守番をさせるときはペットホテルに預けてもらうほうが無難です。

その理由としては

  • トイレなどを掃除できない衛生面
  • 想像できないような事故の可能性
  • 飼い主が返ってこない不安やストレス

主にこの3つが挙げられます。

中には、「うちの子は人嫌い」とか、「ほかの犬と仲良くできないから」というご心配をするかもしれません。

このような場合は、犬にとって必要な「社会化」ができていない可能性が高いです。

つい私たちは、飼い主になついてくれていればいいと考えがちですし、お散歩で会うくらいだからほかの犬と仲良くできなくても問題ないと、「犬の社会化」について軽く考えてしまうところがありますが、社会化ができている子といない子では性格にも影響が出てきます。

コラム~犬の社会化ってなに?犬の社会化とは、これから生きていく人間社会になれることです。
何が怖いもので、何が怖くないかを犬が自分で判断できるようにしていかないと、犬は恐怖の中で生活していかないといけません。社会化の目的は、犬を精神的に落ち着いたおおらかな犬にしてあげることです。

それでは、犬の留守番が24時間といった長時間になるときはペットホテルに預けたほうが良い理由を一つ一つ見ていきましょう。

理由1 トイレが掃除できない衛生面

長時間にわたるお留守番のときに、飼い主さんはご飯を用意していきますよね。

当然おなかがすけばご飯を食べて、うんちがしたくなります。

普段はトイレでしたうんちを飼い主さんが片付けていると思いますが、お留守番中は当然うんちが放置されています。

すると、うんちを踏んずけてしまい、その足でそこら辺を歩き回ればうんちだらけになって、衛生的に汚い環境で過ごしていなければなりません

トイレトレーニングができている子も、周り中にうんちのにおいがするわけですから、どこでもうんちをしていいの?と混乱します。

24時間以上そういう環境にいると、せっかくできていたトイレができない子になってしまうこともあります。

理由2 想像できないような事故の可能性

24時間以上犬をお留守番させなきゃいけない時に飼い主さんが考えるのが、狭いところだと遊べなくてかわいそうだから広い空間に入れるようにしようということです。

遊べるようにしておけば、犬も楽しいしかわいそうじゃないよねという発想で多くの飼い主さんがそういった環境を用意しようとするでしょう。

しかし、犬というのは飼い主さんが見ていない時にどんな行動をするかわかりません。

普段は飼い主さんに怒られるからやらないことでも、お留守番中は好奇心に任せて色々なものを噛んだり、倒したり、ひっくり返したり。

高いところから飛び降りて着地に失敗し、骨折などのけがをしたり、まさかと思うものを口にして誤飲することも考えられます。

手当の遅れが命にかかわってくることもあります!

理由3 飼い主が返ってこない不安やストレス

お留守番の訓練をした時って、犬に「ちょっと出かけるけど必ず帰ってくるから大丈夫だよ」ということをわかってもらおうとしましたよね。

飼い主さんはいなくなっちゃうけど、ちゃんと帰ってきてくれるから心配ないと思えるようになっている犬は、お留守番中に吠え続けるようなこともありません。

でも、帰ってくると思っているのに飼い主さんが返ってこないと犬も不安になり、今まではおりこうさんにお留守番ができていた子が怖さと不安で吠えるようになってしまったり、強いストレスがかかるのでこれからご紹介する心の病気に繋がって問題行動がひどくなることもあります。

犬は人間社会で生きていくうえで、犬社会のルールではなく人間のルールに従う必要があるので、ただでさえ多くのストレスを感じていると言います。

24時間以上もお留守番させられることがどれだけ大きなストレスになるかは、私たちの想像をはるかに超えているはずです。

それになんといっても、飼い主さんに不信感を感じてしまう危険もあります。

不信感を感じてしまうと、犬の気持ちが飼い主さんから離れて自分の殻に閉じこもり、今まで築こうと頑張っていた正しい主従関係にも悪影響を及ぼす危険が高いです。

犬の留守番が24時間以上になるときは預けよう!

24時間の留守番

犬の留守番が24時間以上になるようなときは、一人でお留守番をさせないでペットホテルに預けるほうが良い理由について解説してきました。

普段から、信頼してお任せできるペットホテルなどの施設を探しておきましょう。

信頼して預けられるペットホテルが家の近くにあれば良いですが、そういうところがない場合は、ちょっと遠くでもよいと思います。

ちゃんとしたトレーナーさんが見てくれて、ほかの犬とも遊べたり、お散歩もできて快適にお泊りできる場所であれば、1泊じゃなくて2泊にして無理のないようにお迎えに行くのも一つの方法です。

犬も、ほかの犬と遊ぶことで社会化がちょっと不十分だという子もすっかり落ち着いた子になって帰ってきたりもしますから、選択肢の一つに入れておいてもらえるとよいのではないでしょうか。

先ほども少し触れましたが、犬の社会化は軽んじないでください。

社会化というと、犬同士で遊ばせることを思い浮かべてしまうかもしれませんが、犬同士で仲良くできることだけではありません。

それ以外の、人間社会は怖くないことや飼い主さん以外の人間も好きになれるおおらかな子にすることが犬の社会化です。

犬に人間社会の環境に慣れさせてあげないと、犬はストレスを感じ続けて「すぐビビる犬」になってしまいます。

ずーっと恐怖や不安の中で生活しているなんて、犬にとって本当にかわいそうなことですよね。

もし、うちの子はペットホテルに預けられないと不安に思っている方は、犬の社会化に早々に取り組んでください。

しほ先生(※イヌバーシティしつけ術考案者)は

日本の犬は社会化ができていない犬が本当に多くて、そのために犬がストレスを感じる場面が多いです。

いろいろなことに慣れていないため、あらゆることに恐怖を感じて攻撃的になったり(噛む)吠えて追い払おうとしたり(無駄吠え)飼い主から離れられない子(分離不安)などが起こっています。

犬がちゃんと社会化できていれば、問題行動をしている子でも、解決することが多いです。

とおっしゃっています。

そのため、イヌバーシティではしつけの基本ともいえる、「主従関係」「コミュニケーション」「社会化」に関しては、かなり力の入ったコンテンツになっています。

成犬になっても大丈夫ですから、がんばって社会化をしていきましょう。

イヌバーシティはしつけのバイブルとも言えるしつけ術なので、犬を飼っているのなら一家に1つは必要と言える飼い主さんの最強武器です。

これがあれば、正しく主従関係を築ける基本のしつけ方法から問題行動に手を焼いているハードな飼い主さんまで、どんな犬もお利口さんにできる凄いしつけ方法が詰まっています。

特にお留守番が多くてストレスをかけやすいという場合は、普段の接し方や遊び方などを知っていると愛犬へのケアが万全になります!

現在、しつけ教材の中ではダントツに大評判で、多くの悩める飼い主さんが購入されて「嘘みたいに良い子になった!」「見違えるように賢い犬になった!」「もっと早く買えばよかった!」という大絶賛を考えると、金額も決して高いものではないと思います。(最大分割を使えば1日30円以下になりますし)

私もおすすめするからには、あなたに少しでもお得に手にしていただけるよう特別な特典をご用意させてもらいました。

私のおすすめを信じてイヌバーシティを購入していただいた方には、イヌバーシティをより効率よく実践できるよう、しほ先生との対談音声をプレゼントさせていただきます!

対談音声では、教材には書かれていない

  • 効率よく訓練するために気を配ると良いこと
  • 犬の性格によって褒め方を変えると良い理由
  • 犬が楽しくなる訓練方法とは
  • 体罰以外に絶対にしちゃいけないこと
  • しつけでうまくいかないときにすると良いこと
などなど、ここでしか手に入らないとっておきのプレゼントです!
愛犬家のみなさまにとって、効率的にしつけができるようになる「虎の巻」といった内容になっています!
犬のしつけには「イヌバーシティ~いぬ大学~」

子犬がいつまで大変なのか悩んだら…疲れる前にイヌバーシティ!
発売から7か月で教材ランキング6冠を達成したイヌバーシティ!今までのしつけ方法で満足できなかった飼い主さんから大絶賛されています。今まで困っていたワンコの問題行動が短時間でお利口さんに!分割なら1日30円以下!

公式サイトを見る

犬が留守番でストレスを感じるとどうなる?

留守番中のうんち

犬が留守番でストレスを感じ続けていると、多くの場合は精神的な疾患(心の病気)になる可能性があります。

症状としては

  • 分離不安
  • 強迫性異常症
  • 攻撃行動
などがあります。

これは心の問題から引き起こす問題行動で、時には投薬による治療をすることもある心の病気です。

多くの場合、飼い主との間に正しい主従関係が築けていないために起こることで、犬は飼い主のリーダーシップに対して強く不信感を抱いています

対処法もご紹介しますが、なによりも犬との現在壊れてしまっている関係を直さないことには、根本的な解決になりません。

正しく犬との関係を築き直すためには、正しく犬のことを知り、正しく犬に伝える方法を知ることが一番重要です。

分離不安

飼い主と離れたときにだけ出る行動で、極度の不安と恐怖を感じる心の病気です。

  • 飼い主が出かけようとすると吠える
  • 1人でいると吠え続ける
  • 1人にされると震える
  • 留守番中に粗相をする
  • 呼吸が荒くなる

対処法

分離不安の原因は犬の飼主に対する過度の依存になります。犬が飼い主に依存するのは、飼い主が犬をかわいがり過ぎて甘やかしすぎたことによって生まれます。

犬を適切に扱わずに甘やかしすぎた結果、犬は一人立ちができなくなって依存するようになります。

対処法としては、お留守番の練習などが効果的です。
ただ、分離不安が疑える犬に対しては、30秒くらいのお留守番から始めたほうが良いでしょう。

時間も状況によりますが、1分単位で伸ばして様子を見たほうが良いです。

強迫性異常症

無意味な行動を繰り返す常同行動と、自分の体をなめ続けたり噛んだりする自傷行為など異常な行動を強迫性異常症と言います。

  • 体の一部を炎症が起きるほど舐め続ける
  • しっぽを追いかけてグルグル回り続ける
  • 同じペースでウロウロと歩き続ける

対処法

最初は病気が原因ではないか検討します。動物病院を受診して判断してもらってください。

強迫性異常症が疑える場合、声をかけるとやめる程度であれば飼い主がこまめに声をかけるなどの行動療法で治すことができます。

また長時間の留守番による運動不足から強迫性異常症を発症することもあります。

十分な散歩をしたり、犬と触れ合う時間を増やしてみるなど犬との関係を見直してみましょう。

攻撃行動

留守番中に強くなるストレスを解消しようとして吠えたり噛んだりという攻撃的な行動をすることです。

※攻撃行動の代表的な行動は原因によって変わりますが今回はお留守番時で考えます。

  • ペットシートを噛みちぎる
  • ゴミ箱を倒して中身を散らかす
  • クッションや家具などを噛む

対処法

お留守番の練習をしてお留守番をストレスだと感じないようにしていきます。

また、攻撃行動をする多くは飼い主さんと犬との関係が崩れている可能性が高く、犬が自分の優位性を主張していることも考えられます。

普段の生活の接し方から見直して、正しい主従関係を構築できるように行動しく必要があります。

犬の留守番が短時間と24時間以上の場合

犬が留守番するときはペットホテル

犬の留守番の練習が十分にできていれば、数時間のお留守番はできるでしょう。

しかし、10時間以上ひとりにしておいたり、24時間に及ぶ一泊のお留守番になる場合はお留守番をさせることが危険な理由はお分かりいただいたと思います。

  • 普段から接している家族や知人
  • ペットシッター
  • ペットホテル

などに預けてください。

一番安心なのは、よく知る家族や知人かもしれませんが、例えば犬が今後ケガや病気で入院する可能性もなくはないので、動物病院と併設のペットホテルに預けてみるのも良いでしょう。

病気やケガをしたときに一番大切なのが、体力の回復です!

でも、慣れない環境に置かれると、下痢をしたりご飯を食べなくなる犬も少なくありません。

最初に犬を預ける時は犬も慣れていないので体調を壊すこともあるかもしれませんが、病院ですから

ちゃんと処置をしてくれるところも安心できます。

もちろん犬との相性もあるので、どうしても犬がストレスを感じるようなら無理に預ける必要はありませんが、動物病院に預けてみるというのも一つの選択肢として覚えておいてもらうと良いと思います。

ペットホテルの選び方

できれば近いペットホテルが良いと思うかもしれませんが、ペットホテルを選ぶときは他にチェックすると良いポイントがあります。

  • 施設自体は清潔か
  • 体に合った宿泊スペースを確保できるのか
  • 運動はどの程度してくれるのか
  • 熟練の訓練士はいるのか
  • 犬と施設のスタッフとの相性はいいか

この5つのポイントで飼い主さんが納得できるようだと、安心して預けることができます。

何もない時から、このような施設を探しておくことは、犬をストレスにさらさないためにも飼い主として必要なことではないでしょうか。

小型犬の場合は多くの運動量は必要ありませんが、それでも犬種によっては運動させてあげないとストレスを感じる犬もいます。

ただ、犬を運動させてくれるタイプのホテルだと、他の犬と触れ合う機会があります。

色々な犬が預けられているので、見てくれる訓練士もチェックしたいポイントになるんですね。

腕の良い訓練士がいるホテルだと、普段他の犬とあまり触れ合う機会が持てない場合などは、むしろ時々ペットホテルに預けたほうが良いこともあります。

しつけの面を見てくれたり、迎えに行ったときにアドバイスを受けることもできます。

犬の留守番が24時間以上になるときは預けよう!でも触れましたが、犬同士で遊んだりじゃれたりと、犬も犬社会で楽しい時間を過ごすことができるんですね。

少し自宅から遠かったとしても、ポイントをおさえた良いペットホテルを見つけておくことで、犬を預けることがいけないんじゃないかという罪悪感を持つ必要もありません。

短いお預けなどを利用して、納得できる相性の良いペットホテルを見つけておくのも愛犬のためかもしれません。

このようにペットホテルには色々な特徴があるので、あらかじめ犬に合うペットホテルを見つけておくと、急に犬を預けないといけないときに安心です。

先輩飼い主さん達の経験談集

犬と旅行

犬が一緒に行けない旅行はしないという飼い主さんも多いですが、法事や飼い主さんの入院など、どうしても犬を24時間以上一匹にしておくしかない状況だってあるかもしれません。

そんな時はどうしたらよいのか、先輩飼い主さん達の経験談を見てみましょう。

  • 犬だって飼い主が帰ってくるか来ないのかわからない状態では不安だと思います。うちでは「この様子だとしばらく帰ってこないぞ」と覚悟させる合図を教えておいています。
  • うちでは何もなくても、かかりつけの病院に併設されているペットホテルに1日預けたりしています。犬が何かの病気やケガで入院が必要となったときに病院に泊まるストレスが減るように普段から練習しておいたほうが良いかと思って。
  • うちは性格的にペットホテルに預けると不安になってしまうようなので、ペットシッターに頼んでいます。何度も頼んでいるうちにシッターさんとも仲良くなったようで、私も安心して留守ができるようになりました。
  • スマホでリモート操作ができる自動給餌装置を購入したので、24時間くらいのお留守番は問題ありませんでした。カメラで部屋の様子も見れるし声をかけることもできる装置だったので遠くにいても近くにいるような対応ができました。
  • 子犬の頃から留守番に慣れさせていたので一晩くらいならお家で留守番させていました。小さい音量でラジオをつけておいたり、お留守番の時しか遊べないおもちゃを与えたりと退屈させない工夫はしていました。
  • うちは実家が近くなので、朝に犬を預けて夕方迎えに行くといった保育園スタイルにしていました。実家では決して甘やかせずにできるだけそっとしておいてもらうようにしたので、わがままになることもなかったです。
  • 年に何度かどうしてもホテルに預ける必要があるため、ホテル選びを慎重にしました。ちょっと遠くても、しっかりした訓練士がいて、犬同士の触れ合いがあったり遊ぶ時間があったりと納得できるホテルを見つけておいたので安心でした。

みなさんのお話で多かったのは、普段から練習をさせているということでした。

ペットホテルを試してみたり、ペットシッターを頼んでみたり、実家や友人に頼んでみたりと、自分の愛犬に合う方法を普段から探して、実際に預けてみてどうなのか様子を見ていらっしゃいました。

飼い主さんがいつでも見れるのが理想だと思いますが、誰の力も借りたくないと思っているよりも、利用できる施設やサービスをうまく利用して愛犬にストレスをかけないことを心がけたほうが賢明です。

犬は体験したことで学び、状況判断もできる動物なので、どうしてもの時に安心して預けられる場所を確保しておくのは飼い主として大切なことでしょう。

ただ、やはり預けるにあたっては基本的なしつけができていないと預けられる選択肢が少なくなってしまうので要注意です。

しつけに少しでも不安がある場合は、正しい方法でしつけをし直してみてください。

当サイト限定特典をプレゼント!

犬を飼い始めてストレス
しほ先生との音声対談の限定特典をプレゼントします!教材には書かれていない効率よく訓練するために気を配ると良いことやしつけでうまくいかないときにすると良いことなどなど愛犬家のみなさまにとって、効率的にしつけができるようになる「虎の巻」といった内容です!

公式サイトを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です