育犬ノイローゼで犬を手放すには?探し方や注意事項を全解説

育犬ノイローゼ 手放す

育犬ノイローゼと愛犬を手放すということは?

ノイローゼとはドイツ語なんですが、日本語で言うと神経症と訳せます。

育犬ノイローゼとは、飼い主さんを取り巻く環境や飼い主さんの性格などにより、今育てている犬に対して愛情を感じることができなくなり、精神と肉体に不快な症状が出るようになってしまうことです。

子犬を飼うということは、小さくてかわいくて見た目の愛らしさからは想像もできないような大変なことが目白押しです。

言葉が通じないだけではなく、人間社会と犬社会ではそもそものルールが違っていますし、成長のスピードも全く違う子犬を育てるということが簡単なわけはありません。

しかも、育犬本やネットなどに書かれているように、子犬の時からちゃんとしつけをしてあげなければ成犬になってからも問題行動を起こすようになってしまうというプレッシャーも相当に重いものです。

知恵袋や教えてgoo、OKウェブ、BIGLOBEなんでも相談室など、お悩み掲示板では数百から千件以上も相談が寄せられているほど、多くの飼い主さんが育犬ノイローゼでお悩みになっていらっしゃいます。

“パコ美”というお名前をつけて、今では愛犬なしでは生活できないとおっしゃっているオアシズの大久保佳代子さんも、飼い始めたころには育犬ノイローゼになって悩んでいらっしゃったそうです。

特に初めて犬を飼い始めた人は、一度はノイローゼになってしまうと言っても過言ではないくらい、育犬ノイローゼはポピュラーなものとも言えます。

ただ、多くの人が育犬ノイローゼになっていると言われても、今つらい状態でいらっしゃる方にそれを言っても、何も解決しないことはわかっています。

愛犬を手放すことをお考えになるほど育犬ノイローゼがつらいわけですから、愛犬を手放すための里親さんの探し方や探す時に注意していただきたいこと、愛犬を譲渡する前にやっておくべきことなどについて、後でしっかりと解説させていただきます。

その前に、少し「犬を手放す」ということの現実を見ておいていただきたいと思います。

犬が飼えないと思った場合、安易に保健所などに連れていっても保健所は相当な理由がないと引きとってはくれません。

飼育動物は、終生飼養が原則ですので、やむを得ない事情でどうしても飼えなくなった場合は新しい飼い主を探すことになっています。

MEMO
飼えなくなったという理由で動物を遺棄(捨てる)することは犯罪です。
動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護法)において、愛護動物を遺棄(捨てる)したものは、100万円以下の罰金に処することが定められています。

育犬ノイローゼになったから犬を手放すという場合も、新しい飼主(里親)を探すわけですが、高齢犬・病気を持っている犬・噛み癖のある犬は里親が見つからないことが多いのが現実です。

また、引き取ってくれればどんな人でも良いのかと言ったら…

初めのうちだけはかわいがっているけど、飽きてしまったら散歩も行かずに繋ぎっぱなしにして、水や餌もロクにあげないで放置している飼い主というのもたくさんいます。

もっとひどいと、何も悪くない犬を叩いたり蹴ったりして、自分のストレスを解消するという虐待を繰り返す人も実際にいます。

色々と探したけどどうしても引き取り手が見つからない場合は、あなたが動物病院で安楽死をさせるか、担当保健所でガスによる窒息死をさせるか、どちらにしてもあなたが愛犬の命を奪う覚悟が必要になります。

犬を手放すというのはそういうことです。

育犬ノイローゼで犬に愛情を感じられずに心身ともに不快な症状に苦しんでいる飼い主さんも、犬からしたら自分の全命運を握っている飼い主さんから愛情をかけてもらえず、命を奪われる可能性がある犬もどちらも不幸だとしか言えません。。。

ここで思い出していただきたいのが、大久保佳代子さんを含め、非常に多くの飼い主さんが育犬ノイローゼになっているのにもかかわらず、ほとんどの人が犬を手放さずにいられているのはなぜか?

飼い主さんが方針や考え方を変えたから

これが大きく影響しています。

今あなたが飼っている犬を手放すために、里親を探したり注意をしないといけないことがあったりという、かなりの労力を使うことになります。

手放す理由を「育犬ノイローゼになったから」としたら、里親を探している人から実際に非難されたり、SNSなどに拡散されて炎上するといった可能性もあり、精神的にもさらに削られるかもしれません。

あなたが犬を手放すことに向けるすべての労力を違ったことに使った結果、愛犬がみるみる変わってあなたのことを信頼し、あなたの指示には絶対に従い、あなたの慰めや癒しの存在になってくれるかもしれないとしたらどうでしょうか?

手放す前に、育犬ノイローゼの対処法

「飼い主さんが方針や考え方を変えたから」多くの飼い主さんが育犬ノイローゼから立ち直り、愛犬と新しい絆を結びそれを深めて、「犬を手放すなんてしなくて良かった!」と充実した愛犬ライフを送っています。

それでは具体的にどうやればいいのか?というところですが、子犬のしつけの全てを言われたとおりにやればよいというしつけ方法」をすれば、何をしたらよいのか悩まなくなりますし、正しくしつけをしていくことができます。

同じようにやれば犬のしつけができるようになるなら、飼い主さんとして

  • 余計な不安を感じる必要がなくなる
  • 犬のしつけが非常に早く終えることができる
  • 犬の「できないこと」がなくなるので、犬も飼い主さんも自信がつく
  • いちいちしつけ方を調べる時間がなくなる
  • 間違えたしつけ方をしなくて済むようになる
このようなメリットが生まれ、育犬ノイローゼになってしまう最大の問題である「不安」を解消することができます。

さらに、そのしつけをしていれば、愛犬が飼い主さんを信頼することができ、飼い主さんを頼れるリーダーだと認めることで、飼い主さんの指示は絶対に守ると思わせることができるとしたら…

飼い主としての自信を取り戻し、心の余裕が生まれるので、ノイローゼ状態から脱出して、愛犬を愛おしいと思えるようになると思いませんか?

犬を手放すために負のエネルギーに満ちた労力を使い、後で後悔が残ってしまうかもしれないのなら、犬をお利口さんにしつけることができる方法を知り、それをとにかく実践してみたら今とは見えている景色が変わるかもしれません。

しつけ方法というのはたくさんありますが、誰でも再短期間でわかりやすく犬をしつけする方法といえば、イヌバーシティというしつけ教材がおすすめです。

特に初めて犬を飼った場合や、昔飼っていたけど今の子犬にはうまくいかない場合、すでに噛んだり吠えたりといった問題行動が出始めてしまっている場合は試してもらいたいしつけ方法です。

イヌバーシティ以外で良いしつけ方法をご存知でしたらそちらを実践してもらえればよいのですが、特に子犬で困っていらっしゃる場合は、イヌバーシティならやんちゃ盛りな子犬を使って実践しながら解説をしてくれているので非常にわかりやすく、いざ実践した時も再現しやすいです。

愛犬家の中でも非常に評判が高いんですが、人気の元となっているのが

  • 誰がやっても再現性が高いこと
  • スマホで好きな時に視聴ができること
  • 難しい方法ではないこと
  • 犬が驚くほど変わっていくこと
  • 犬という動物に対する知識を得られること
  • 犬の正しい飼い方や接し方がわかること
  • 今さら人に聞けないことなども網羅されていること
  • 言われた順番どおりにやるだけでよいところ
  • 迷いや不安がなくなること
  • 分割にすると1日30円以下とコスパが良いところ
イヌバーシティ いぬ大学などなど、これはほんの一部に過ぎないんですが、実際に実践した愛犬家さんの満足度が高いところに、イヌバーシティのしつけ方法が間違いなく、犬をちゃんとしつけることができるしつけ方法だという証拠だと思います。

しつけを行っていると、本で読んだ通りになんていかないことだらけです。

暴れて逃げようとするからうまくできないことばかりですし、実は私達が犬に対しての認識を誤解していることもあります。

私達がよかれと思ってやっていることが犬にとっては悪影響を与えているということもたくさんあります。

本や文字で書かれているしつけのやり方だと、色々と誤解を生みやすくて、飼い主さんの認識を間違えさせてしまうことが多々ありますし、一貫した考え方の元トレーニングを行わないと、犬に伝わりにくくなります

私は今までにもたくさんご相談を受けてきた中で、問題が深刻である場合や子犬を飼われている場合は、イヌバーシティのしつけ方法をご紹介してきましたが、みなさんにとても喜ばれ、感謝のメールなどもいただいています。

だから、今ここでも自信を持ってお勧めができるんですが、イヌバーシティのしつけ方法じゃなくても、できるだけしつけに対する考え方や飼い主さんの姿勢を一貫させるため、1つのしつけ方法を決めて実践してもらうと効果は出やすいです。

私はイヌバーシティをよく知っていますし、今までおすすめした方達の評判もとても良かったので、ぜひ今の状態から脱出していただくためにも、あなたにご紹介してみたという感じです。

いただいた感謝のメールなども載せてありますので、イヌバーシティにご興味を持たれたらこちらの記事をご覧いただきたいと思います。※本記事の最後の方にもいただいたメールをいくつかご紹介しています。

関連記事
ウソみたいに愛犬がお利口さんになる特別な秘訣を大公開です!
ホント!?今からでもお利口さんな犬にできるしつけ方法があるの?

お1人で犬を飼われている方も多いので、基本的にはちゃんとしつけができれば、しつけというのは家族の協力がなければできないというものではありません。

でも、やはり家族で飼い始めたのなら、誰か一人に大きな負担がかかるようなことがあるという状態はよろしくないと思います。

ですから、ご家族で犬を飼うと決めた場合でしたら、育犬ノイローゼの対処としてすぐにでも家族会議を開くこともおすすめです。

みんなで協力することで、1人の負担を減らし、ワンオペで育犬をすることがない環境をみんなで作らないといけません。

育犬ノイローゼの場合は、育児ノイローゼよりもノイローゼ状態を脱出しやすいものです。

子犬は子供よりも成長が早いので、正しく伝えることさえできれば、生後3か月くらいの時にはもう学習ができるまで成長していますし、しつけがシンプルなので、犬ができるようになりさえすればいいだけです。

子供の場合みたいに将来まで考えて心配したり、体力的にきついことも少ないので、今を乗り切るためには家族みんなで協力することは当たり前のことだと考えてもらって、一人で頑張ろうとするのは避けてもらえればと思います。

イヌバーシティだと、一つあれば家族がそれぞれ自分のスマホでコンテンツを視聴できるので、家族全員の考えが一致しやすく、しつけ方法も一貫できるという大きなメリットがあります。(コスパもさらに良くなります)

  • 正しいしつけ方法を知る(イヌバーシティはオススメ)
  • 家族会議を開いてワンオペ育犬にしない
という育犬ノイローゼの対処法についてご紹介したところで、育犬ノイローゼになる原因(なりやすい人)についてみていきたいと思います。

育犬ノイローゼになる原因~なりやすい人とは?

育犬ノイローゼになる原因を見ていきますが、まずはその前に育犬ノイローゼになると具体的にどんな症状が出るのかご紹介しておきます。

複数の症状があらわれることが考えられますが、どれくらいの症状が重なってしまっているのか自己診断のチェックとしてもご覧になってください。

育犬ノイローゼの症状

  • 何もないはずなのに気分が落ち込む
  • 睡眠不足になっている(よく眠れない)
  • 何となく無気力な状態でいることがある
  • 最近イライラしやすい
  • 愛犬をかわいいと思えない
  • マイナス思考になりやすい
  • 食欲がない あるいは食べ過ぎてしまう
  • 突然悲しくなる
  • すべて投げ出して逃げたいと思う

当てはまるものが多ければ多いほど重症であると考えられます。きっと毎日がおつらいでしょう。。。

育犬ノイローゼになってしまうのはあなたを取り巻く環境とあなた自身の性格の大きく分けて2つの原因があります。

まず環境ですが

  • 相談できる人がいない
  • 協力者がいない

このような状況で、一人で問題を抱え込んでしまうほど、環境があなたを追い詰めてしまいます。

そして性格というと

  • 責任感が強い人
  • 優しい人
  • 弱みを人に見せたくない人

何でも真面目に取り組んでちゃんと結果を出せる有能な人で、色々なことによく気がつく優しさも持ち合わせている頑張り屋さんという素晴らしい性格ですが、その性格が逆に作用してしまうと自分を追い詰めてしまうことになります。

相談できる人がいない

まだ子犬を飼い始めた段階だと、お散歩中に出会う犬友もできていなかったり、信頼して相談できる獣医さんも見つかっていないかもしれません。

ネット上の掲示板などに相談をしてみるという方法もありますが、私はあまりお勧めはできません(´・ω・`)

というのも、相談に回答をしてくれる愛犬家の方達は、あなたの気持ちを察して優しく回答をしてくれる方もいますが、「信じられない」「犬がかわいそう」という気持ちを強くぶつけてくる回答をされる方もいます。

ただでさえ、マイナス思考になりやすい状態でネガティブな言葉をぶつけられると、どんどん自信がなくなって、「私が悪いんだ」と自分を追い詰めてしまい、ノイローゼを悪化させる結果になりかねません。

ここでもイヌバーシティがおすすめできるんですが、イヌバーシティは教材を買ってもらったら「それで終わり!じゃ、頑張って」ではないんですね!

約10日に1回、生放送で教材作成者のしほ先生がWebセミナーを開いてくれています。

このWebセミナーは、イヌバーシティを購入した人ならだれでも参加ができ、疑問や質問、相談などに生放送で解答をしてくれるシステムです。※月額制の会員サポートシステムですが初月は無料でお気軽に参加できます。

愛犬の困った行動などを動画で撮影して送ると、生放送で改善の指摘やアドバイスをしてもらえますし、相談などにも親身になってお話をしてくれます。

しほ先生は、ずーっと「家庭犬」の指導をしてきた方なので、たくさんの飼い主さん達とふれあい、相談を受けてこられているので、ありとあらゆるケースを熟知されています。

教材を作ったからには、売りっぱなしにはしません。困っている方にはきちんとサポートをしてゆきます

このようにおっしゃっていられる方なので、気兼ねなくいろいろな相談ができるというのも、イヌバーシティが評価・支持されているところでしょう。

こういったサポートシステムがあるのは、イヌバーシティだけなので、こういったものも活用して相談できる人がいないという環境を変えていってもらうのも一つの方法です。

協力者がいない

これは対処法でもお話ししましたが、すぐにでも家族会議を開いてもらいたいと思います。

「旦那は仕事で忙しいから」とか「子供は勉強があるし」とか「部活で家にいない」などなど、理由は色々とあるでしょうが、家族で飼っているんですから、何か一つは決まった世話を分担してもらって良いはずです。

育犬ノイローゼになっている時は、「犬と離れる時間を作る」というのも大切なことなので、積極的に協力をお願いしていく姿勢にシフトしていってください。

何も言わずに黙って色々とこなしてしまうと、あなたの不満や不安などに誰も気がついてくれないと思ってほぼ間違いないです。

ただ、協力を頼むときは漠然と「お世話を手伝ってよ」と言うのではなく、「夜に30分のお散歩に行ってね」とか、「朝の犬のご飯の用意はお願いね」と、できるだけ具体的に頼むようにして、それを習慣化してもらうように頑張っていきましょう。

責任感が強い人

「自分で解決しよう」「私がどうにかしよう」と考えて一人で背負い込んでしまいがちなところはありませんか?

人一倍まじめに「〇〇であるべき」「こうでなきゃダメ」という考え方にとらわれてしまいやすいかもしれません。

犬という、種族も生態も学習のしかたも習性もまるで違う生き物相手ですから、基本的に思い通りに行かないのは当たり前と言えるんですね。言葉も通じませんし。

正しく犬に伝える方法」を知ることができれば、犬はコントロールできるようになりますし、彼らは「大好きな飼い主さんが喜んでくれる行動」を考えて行うようになってくれます。

今はできないことに目が行きやすくて、マイナスにとらえてしまうことが多いかもしれませんが、犬はこちらのしてほしいことが正しく伝わればその通りに動いてくれる従順な動物です。

そして、その通りに動いたときに飼い主さんから褒められるのが何よりうれしいので、犬はまた褒められたいと思って同じ行動を繰り返し、正しい行動を学んでいきます。

責任感の強さから、「ちゃんとしつけができているかな?「このままじゃちゃんとしつけができないかもしれない」と不安が募るのもノイローゼを悪化させてしまうので、正しく犬に伝える方法をイヌバーシティで知っていただくと良いかもしれません。

優しい人

相手を理解しようという心が優しい人も、理解ができないゆえの不安が募ってしまいます。

しかも、優しい人は色々なことに気がついてしまう繊細さも持ち合わせているので、小さいことにも気がついて心配になったり、将来を思って不安を感じたりしてしまいます。

そして、自分を責めてもっと頑張ろうとしたり、自信を失ってしまったりと負のスパイラルにはまってしまいやすいです。

優しい人に「その優しさを捨ててください」と言っても無理ですし、優しいことはとても良いことなので、そのやさしさはなくさないでもらいたいです。

でも、もう少し「開き直る」という技を身につけてもらっても良いかもしれません。

「開き直る」という技を身につけるためには、「ま~いっか」とか「もう~しょうがない」といった言葉をよく使うようになると少しずつ身についていきます。

弱みを人に見せたくない人

なんでも完璧にこなすことができる有能な人なので私から言わせれば羨ましい限りと言えますが、あなたがやってしまうのではなくて、周りにいる人もうまく動かすことができればさらに完璧になるのではないでしょうか。

できるだけ人の手を借りないように頑張ってしまわれるのかもしれませんが、犬のことに関しては多くの人の手を借りたほうが犬にとって良いことです。

子犬の時は特に社会化を進めたいものなので、多くの環境や人や犬と触れ合って、怖いものと怖くないものを学んでほしい時期になります。

ですから、ブラッシングなどケアも飼い主さんが1人でやるよりも、時にはトリマーさんに頼むのも良いでしょう。

育犬ノイローゼじゃない人も、子犬の社会化を進めるためにペットシッターを定期的に頼むという方もいらっしゃいます。

預かりで見てくれる犬の幼稚園のようなところに頼んで、子犬同士で遊ばせることを心がけているという方、いざというときに困るから練習がてらペットホテルを使っている方、みなさんその間にご自分の時間を過ごしてリフレッシュされています。

どんどん人の手を借りて、自分の時間を持つように心がけてもらって良いと思います。

犬を手放す方法とは?手順や注意事項

さて、ここからは再び「犬を手放す」というところを見ていきたいと思います。

イヌバーシティを実践してみる!育犬ノイローゼを克服してみる!と思い直していただけた方は、こんなところは読まなくて良いのでもうページを閉じてもらって構いません。

もしくは、大奮闘をしていた先輩飼い主さん達の体験談をご覧いただけるのでしたら、下のリンクをクリックしていただければ一気にジャンプしますので、よろしくお願いします。

>> 先輩飼い主さんの体験談まで一気にジャンプ!!

さきほど少しお話したように、犬を手放すということは安易に行えることではありません。

最初に申し上げると、犬や猫の保護や里親探しを活動目的にしているところを動物保護団体と言いますが、ここは殺処分されそうな犬や猫を引き取って保護や里親探しをしているので、すでに許容頭数を超えているところがほとんどです。

ですので、一般の家庭から動物保護団体に持ち込むことはできないとお考えいただいた方が良いでしょう。

犬を手放すには、ご自分で動いて新しい里親を探すほかはありません。

こちらでは

  1. 里親を探す時の注意
  2. 里親の探し方
  3. 必ず確認すること
  4. 譲渡前にやっておくこと

この順番でご紹介していこうと思います。

里親を探す時の注意

この注意に関しては、愛犬家の方は閲覧注意でお願いします。

たぶん、今は「かわいいと思えないような飼い主と暮らしているよりも、優しい飼い主さんの元に行ったほうがこの子は幸せになれる」とお考えで、犬を手放そうと思われていると思います。

でしたら、なおさらこの注意をしっかりとご覧いただき、あと「必ず確認すること」も手を抜かずにチェックを入念に行ってもらう必要があります。

先ほどお話したように、動物保護団体は真剣に活動されればされるほど、施設内の許容頭数がただでさえ超えてしまっています。

私たちは「動物保護団体」と聞くと、安心して真剣に里親さんを探してくれる団体だと信用してしまうかもしれませんが、そもそも真剣に里親さんを探してくれる団体は許容頭数を超えています。

動物愛護団体という名前を騙っていたとしても、不適切な飼養や多頭飼育によって適切な環境が崩壊している団体はあります。ニュースになったものも幾度もあります。

まず、動物愛護団体で預かってくれるというお話になったとしたら、相手の施設を見学に行って本当に信用できる団体かどうかをご自身の目で見て確認するべきです。

さらに言えば、里親さんの中には

  • 飽きっぽい性格で、最初だけ可愛がってあとは放置
  • 動物をおもちゃのように使い捨てにする
  • 自分のストレス解消のために虐待する
  • 犬を虐待すること自体を目的にしている
  • 犬は叩いてしつけをするものと思っている
  • 実は転勤が多い仕事をしている
  • ゴミ屋敷まで行かなくても不潔であることが平気
  • すぐ暴力を振るったりキレやすい家族がいる
  • 動物実験用に売っている
  • 多頭飼育をすでにしていて環境が劣悪

ちょっと書き出していて気分が悪くなってきましたが、犬が欲しいと思っている里親さんの中に実際にいる人達です。

安易な里親探しは、犬を必ず不幸にします!

あなたが手放したがゆえに、犬が新しい里親の元このような環境で悲惨な目にあい、不幸に生きていくかもしれないという気持ちは、里親探しが終わって譲渡をするまで持ち続けてください。

「もらってくれて良かった」じゃないんです!

犬を不幸にしてしまうような安易な里親探しだけは絶対にしてはいけません。

里親の探し方

里親の探し方は何通りか方法があります。

  1. 実家、友人、知人に頼めないか探す
  2. 近所に欲しい人がいないかポスターを張る
  3. 新聞・タウン誌などの広告を利用する
  4. 里親の譲渡会などに参加する
  5. インターネットの里親サイトを利用する

里親の探し方で現在多いのは、里親の譲渡会に参加したり、インターネットの里親サイトを利用することだと思います。

参加する方法は、それぞれの参加方法に準じてもらうことになりますが、多くの場合愛犬についての情報を伝えることになります。

これもそれぞれ参加するもので違いはあると思いますが、

  1. 犬種や年齢・性別など
  2. 各種予防接種について
  3. 愛犬の性格やクセ
  4. トイレのさせ方
  5. 手放さなければならない理由

この5点は多くのところで伝えるように指示されるものになります。

特に愛犬の性格やクセについては噛み癖や吠え癖があったとしても正直に書く必要がありますし、できるだけ詳細に伝えるように心がけてください。

手放さなければならない理由についても、里親さんは正しい情報から、今後あなたの犬とどうかかわっていく必要があるのか判断しなければいけないため、あなたが育犬ノイローゼになってしまった経緯などもお伝えするようにしてください。

必ず確認すること

優しい飼い主さんの元に行ったほうがこの子は幸せになれるとお考えになって、犬を手放すことにするわけですから、これからあなたの犬を幸せにしてくれる人なのかどうかを見極めなくてはいけません。

  • 相手の身元
  • 今まで犬を飼った経験があるかどうか
  • ご家族の誰が責任を持って世話をするのか
  • 室内飼いができる環境か(住宅環境も含め)
  • 家族全員の同意があるか

この5つは必ず手を抜かないでチェックをしてください。

相手の身元は、免許証などで確認するだけではなく、事前に一度相手の自宅を見に行かせてもらった方が良いです。

信頼できる人かどうかの事前調査にもなりますし、環境のチェックもすることができます。

犬を飼うということはお金がかかるものですから、愛犬が具合が悪くなったときにすぐ動物病院に連れていってくれる余裕がありそうかどうかも、相手のご自宅から多少は判断できます。

また、信頼できる動物愛護団体の審査にも「今までに犬を飼ったことがない人には譲渡できません」ということが多いです。

やはり初めて犬を飼う人だと、犬の飼い方そのものが分からないこともあって、また手放したいと思われてしまったら犬が不幸になってしまいます。

できるだけ、今までに犬を飼ったことがある人で、なおかつその犬が現在はどうしているのか?というところまでお話を聞かせてもらうようにしてください。

家族がいる方なら、家族全員の同意をもらっているかどうかも大切ですし、家族の中のだれが責任を持って世話をしてもらえるのか?ということも聞いておきたい所です。

犬は言葉が話せないので、誰かが世話をしているだろうと放置されて餌ももらえていなかったら、吠えて要求するしかありません。

それを吠え癖と勘違いされて、犬が不当な誤解を受けることにもなりかねないので、一応責任を持ってお世話をしてくれる方を決めておいてもらったほうが良いです。

あなたよりも犬を大切にしてくれる優しい飼い主さんかどうかを見極めなければいけないので、必ず確認することはしっかりと確認をしてください。

譲渡前にやっておくこと

手放す犬が、新しい里親さんのところで健康で幸せに暮らしていってもらうためにあなたがしてあげられる事ですが

  • ワクチン接種
  • ノミダニなどの駆除
  • 健康診断
  • 不妊手術(主に生後5ヵ月以上の場合、早期不妊手術も可)
  • トイレのしつけ

これらは最低限必要なことだと思ってください。

トイレのしつけに関しては、どうしてもできなかったらその旨も飼い主さんに事前に伝えなければなりません。

トイレのしつけは大きくなればなるほど覚えにくくなってしまうことですし、飼い主さんとしてとても手のかかることですから、新しい飼い主さんの手を煩わさなくても済むようにできるだけトイレはできるようになっていてもらいたいものです。

このほかにも、譲渡先に先住の動物がいた場合には、血液検査などが必要になる場合もあります。

そして無事に優しい里親さんが決まってくれたら、慣れない新しい土地で迷子などの行方不明になった時の命綱になりますので、相手の名前と連絡先を明記した迷子札を犬に装着してからお渡しするようにしてください。

大奮闘をしていた先輩飼い主さん達の体験談

とにかくかわいい子犬と楽しい愛犬ライフを送ろうと思っていた飼い主さんの前に立ちはだかった、パワフルで元気いっぱいで暴れまくる子犬との奮闘の日々。

今では落ち着いて振り返ることもできるし、懐かしいとさえ感じていらっしゃる飼い主さん達ばかりですが、いったい先輩飼い主さんに何が起きていたのかご一緒に見ていきましょう。

※イヌバーシティをご紹介した飼い主さんからの体験談なので、イヌバーシティを実践する前後のような感想になっています。

最初の数か月は本当につらかった・・・
トイレのしつけもなかなかできず、会社から帰宅するとまず部屋中にされた粗相の掃除から始まる毎日。
トイレシートは破いてグチャグチャだし、食糞もしてたみたいだし、ひたすら泣きながら掃除を繰り返していました。
色々なところも噛まれたし、流血沙汰もあってどうして良いかわからない日々でした。
途方に暮れていたところイヌバーシティを知ってやってみようと思い、一緒に取り組み始めたらだんだんお利口さんになってきて。
当時は本当につらかったですが、今お利口さんになったこの子からは想像もつかない時期だったと思います。

念願の子犬が変える環境になったので、大喜びで飼い始めたのですが・・・
夜鳴きもひどいし、吠えまくるし、トイレも覚えずにうんちまみれと、想像を絶していました。あんなに望んで飼い始めたのにまさか!?と思うことばかりで。
イライラしてきつく叱ってしまったことも何度もあり、そのたびに反省をしてを繰り返していた時期でした。
飼うんじゃなかったと何度も思いましたし、毎日悩んでばかりでつらかった。
でも、一緒にトレーニングする時間ができたことで、信頼関係が育ってきたんでしょうね。
気持ちが通じ合えたと思う瞬間があって、今ではあんなにつらかったことも嘘みたいにカワイイです!

うちの子はパワフルとは真逆の性格で、おとなしすぎて臆病で神経質で、超ビビりな犬でした。
中々心を開いてくれなくて、一生懸命かわいいという気持ちを伝えようとしましたが、空回りに終わるばかりで、いつまでもこの子と心が通じ合わないんじゃないかという不安に押しつぶされそうでした。
ご飯を食べる時も、私の姿が見えていると食べなくて、私が隠れると食べ始める・・・一時期は本当に心が折れそうでした。
私はきっとこの子に嫌われているんだと何度泣いたことか。
でもイヌバーシティで犬のことを知ったことで、この子のペースに合わせてあげられる余裕が出てきました。
すると、段々なついてくれているしぐさを見せるようになってくれて、本当にうれしかった。
今では、しっぽをフリフリしながら私の後をついてきてくれて、かわいくて仕方がありません。

私も最初の頃はかなり泣かされました。
うちは共働きだったので、仕事から疲れて帰ってきてもまずは踏みつぶされたうんちとおしっこを掃除して、体についた汚れをシャワーで流してあげて、部屋中を掃除して…
毎日毎日この生活が続いていた時は、本当に泣きながら掃除をしていました。
じゃれる時も力強くて出血したり、みみずばれになるなんて日常茶飯事でしたし、家具やソファーの足も噛まれてボロボロだし、飼ったことを後悔したことも一度じゃありませんでした。
でも夫婦で真剣にイヌバーシティに取り組むようになってからは、みるみるお利口さんになってきて、嵐のような日が少なくなってきて。
今ではへそ天で甘えてくるし、かわいくて、あの恐ろしい日々が懐かしく思えるようになりました。

私はしつけにだいぶ苦労をしました。
上手くできる時はとても愛情を感じますが、上手くできる時が少なくて、いつもイライラして失敗したことに激怒してしまって・・・
いなくなればいいと思ってしまったこともあります。
そんな自分の気持ちにまた自己嫌悪に陥ったりして、「もう疲れた!」「もうやだ!」と何度も思っていました。
でも、具体的に里親を探そうとか実際に手放そうという気持ちにはなりませんでした。
ちゃんとしたしつけの仕方を知りたいと思ってイヌバーシティを実践し始めたら、どんどんお利口さんになってきて、今ではイライラすることなんて全然ありません。
それどころかこの子のいない生活なんて考えられないほどかわいいです。

5人のお話をご紹介させていただきましたが、みなさん本当に苦労をされていました。

私もご相談されたとき、どこから手をつけて良いやらと悩みましたが、子犬であることや色々とお忙しいということもあって、すきま時間に視聴をしながら知識をつけて、スマホを見ながら実践もできるのでイヌバーシティをご紹介しました。

育犬ノイローゼと同じ症状が出ている方もいらっしゃったので、相当おつらい思いをされていたと思います。

今ではみなさん、愛情いっぱいで楽しい愛犬ライフを送っていただいているようで、私も本当にうれしいです!

頑張って実践された皆さま、本当に良かったですね♪お疲れ様でした!

今回の記事をお読みになり、私のおすすめを信じてイヌバーシティを購入していただいた方には、イヌバーシティをより効率よく実践できるよう、しほ先生との対談音声をプレゼントさせていただきます!※お忙しいしほ先生に何度も頼みこんで、どうにか実現できた自信作です!

対談音声では、教材には書かれていない

  • 効率よく訓練するために気を配ると良いこと
  • 犬の性格によって褒め方を変えると良い理由
  • 犬が楽しくなる訓練方法とは
  • 体罰以外に絶対にしちゃいけないこと
  • しつけでうまくいかないときにすると良いこと
などなど
愛犬家のみなさまにとって、効率的にしつけができるようになる「虎の巻」といった内容になっています!

せっかくならここでしか手に入らない特典がついたこちらからイヌバーシティをお得に手にしてください(*^^*)

犬のしつけには「イヌバーシティ~いぬ大学~」

発売から7か月で教材ランキング6冠を達成したイヌバーシティ!今までのしつけ方法で満足できなかった飼い主さんから大絶賛されています。今まで困っていたワンコの問題行動が短時間でお利口さんに!分割なら1日30円以下!

公式サイトを見る

初めてご購入の方にお手続きのご不安を解消させていただくために「ご購入までの流れ」をご用意しております(^^)

育犬ノイローゼで犬を手放すことをお考えのあなたに

最後までお読みいただいて本当にありがとうございました!

こんなに長い文章を最後までお読みいただいたということからも、あなたがとても熱心で、真剣に悩まれている様子が伝わってきます。

ノイローゼというのは、人から理解してもらいにくかったり、軽く見られたリすることもあります。

あなたの今のつらさがわかってくれなくて、適切な対応をしてもらえずに症状が悪化してしまうことも少なくありません。

今回ご紹介したように、犬を手放すにしても、かなりの労力が必要ですし、あなたのエネルギーを消耗させてしまいます。

まずは、ペットホテルに預けてみる・ペットシッターに頼んでみるといったことから始めて、自分の時間を確保し、少しでも気持ちの回復を測っていただくのが良いと思います。

そして少し冷静になれたときに、このまま手放すための労力を使うのか?やり残したことは無かったか?ということを考えていただてみても良いでしょうか?

イヌバーシティじゃなくても、あなたの家の近くに信頼できる訓練士がいるようなしつけ教室があったら通ってみるだけで何かがガラッと変わるかもしれません。

できれば、一度あなたの精神の安定を第一に考えて行動をされ、少しでも回復してきてから改めて考えてみていただければと思います。

当サイト限定特典をプレゼント!

しほ先生との音声対談の限定特典をプレゼントします!教材には書かれていない効率よく訓練するために気を配ると良いことやしつけでうまくいかないときにすると良いことなどなど愛犬家のみなさまにとって、効率的にしつけができるようになる「虎の巻」といった内容です!

公式サイトを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です